ED治療薬のスポーツ選手/ボディビルダーへの影響

バイアグラのジェネリック医薬品



Q:バイアグラジェネリックは、成分に間違いはありませんか?不安です。

A:バイアグラジェネリックの販売には、バイアグラの再審査期間、物質(成分)特許期間満了後に、バイアグラと同等の効能であるかを証明しなければいけません。そのためには、規格試験 (原薬・製剤の品質確保)・安定性試験 (加速・長期保存)・生物学的同等性試験 (溶出試験、ヒトBE試験)を実施し、様々な機関で承認されなければ販売はできません。バイアグラとバイアグラジェネリックの違いは、研究期間や味やパッケージ、医薬品の形ともいえます。

Q:バイアグラジェネリックは、副作用もバイアグラと同じですか?

A:ジェネリック医薬品は、主成分が同等であることが前提です。有効成分をバイアグラ・バイアグラジェネリック共にシルデナフィルとしており、副作用や、併用注意薬などもバイアグラと同じになります。

Q:カマグラなどのインド産ジェネリックは、日本国内で処方されていませんが、大丈夫なのでしょうか?

A:日本の処方箋で手渡される、バイアグラの主成分であるクエン酸シルデナフィルを、カマグラなどのバイアグラジェネリックも主成分としてはいるのですが、日本国内では未だ未承認医薬品となっています。しかし、これらのバイアグラジェネリックは品質も良く、世界中に愛用者がいます。海外で承認されていても日本で承認されない理由は、安全性だけではなく商業的な理由(既得医薬品の権利を守るため)である場合もあります。 日本国内においては未承認ではあるものの、海外の医薬品を個人レベルで輸入・使用することは薬事法で認められています。

Q:バイアグラジェネリックを個人レベルで輸入・使用などしても問題はないのですか?

A:個人レベルでの輸入・使用については、薬事法で規則が定められています。医薬品の輸入自体は認められていますが、転売・譲渡は禁止されています。 また、個人輸入の際には数量も限られており、これらの決まりを厳守しておかなければ、法で罰せられる場合もあります。例えば、バイアグラジェネリックの個人輸入には、「個人のみが服用する1ヶ月分」という規則があり、バイアグラ30錠までが購入可能となり、服用者名義、服用者の居住住所であることが大前提となっています。

Q:勃起薬のインターネット販売には不安があります。

A:外国のバイアグラ通販ページが、日本語に訳されているようなページは危険といえます。しかし、バイアグラ等の勃起不全治療薬のインターネット通販は、日本国内では禁止されているのが現状です。 カマグラのような製品の購入には、海外のインターネットサイト、個人輸入代行業社に依頼する、もしくは現地調達のどちらかになります。 健康被害を防ぐためにも、日本法人の個人輸入代行業者を通して購入されることが望ましいといえます。

Q:バイアグラジェネリックで副作用が出てしまったら?

A:バイアグラもバイアグラジェネリックにおいても、副作用による症状の対処法は同じといえます。副作用はブランド名ではなく、主成分である「シルデナフィル」によって発症されるからです。我慢ができない、または不安な副作用の症状への医師の対応は「シルデナフィル」に対する副作用の処置であるともいえます。

Q:バイアグラジェネリックの購入を考えています。何かしなければいけないことはありますか?

A:治療薬の購入となりますので、次の事柄に注意が必要です。

● 健康状態が不安定

● 持病がある

● すでに服用中の医薬品がある

● 過去に大きな病気にかかったことがある

これらの場合は、勃起不全の治療薬を服用する前に、医師への相談が不可欠となります。個人輸入に至っては、全行程が自己責任となります。

ご購入はこちら ここのサイトでは、海外製のバイアグラジェネリックも購入可能。

>>バイアグラの通販はこちら


バイアグラ 購入